事業内容

TIG溶接

ステンレスやアルミニウムなどの非鉄金属の溶接に最適

タングステン・イナート・ガス溶接

TIG溶接(ティグようせつ)とはTungsten Inert Gas(タングステン・イナート・ガス)溶接の略で電気を使った溶接法の一つです。 TIG溶接は高品質で溶接の跡が綺麗で金属の種類を選ばす活用できるのでステンレスやアルミニウムなどの非鉄金属の溶接をする際によく使われます。

TIG溶接の原理
TIG溶接装置の構成

溶接時は母材が真っ赤に溶けてドロドロの液状になります。その溶融部分は酸化や窒化が進むためアークの周りを包み込むように不活性ガスを一定量吹き付けて空気を遮断し溶融部分を大気から保護しながら行います。この不活性ガスはアルゴンやヘリウムなどありますが日本では一般的にアルゴンガスが使われています。

受付時間7:00~21:00
日・祝日は除きます

TIG溶接 ステンレス

TIG溶接ステンレス

ステンレスの溶接に最も適した溶接法になります

ステンレスTIG溶接

ステンレスを溶接する際に一番用いられる溶接がTIG溶接です。
非消耗性のタングステン電極と母材の間にアークを発生させます。
アルゴンガスなどの不活性ガスにより、
溶融金属を大気から保護してアークにより母材を溶融接合する溶接法です。
非鉄金属に最も適した溶接法になりますが
作業時に両手を使うためとても高度で熟練の技術が必要になります。

受付時間7:00~21:00
日・祝日は除きます

TIG溶接 チタン

TIG溶接チタン

軽量で耐食性の高い良質な材質チタン

チタンITG溶接

チタンは軽量で強度もあり耐食性の高い良質な材質です。
昨今の化学工業用の製品にチタンはとても多く使われています。

チタンは扱いが難しく
デリケートな金属です

チタンは他の金属とは異なりガスの吸収性が高いため、
作業中に容易にガスを吸収してしまう非常に扱いが難しい金属です。
その場合、溶接部は脆化してしまい、曲げ・衝撃・引張などの加工を行った場合、簡単に破断してしまいます。

熟練の技術と経験が
精密で美しい溶接につながる

作業が非常に難しいとされていますがイナートガスの噴霧中のシールドが重要となります。さらに凝固後もガスの吸収は続き、溶接後も母材のアフターシールドを行う必要があります。
ですので作業には熟練の技術と経験が必要になります。

受付時間7:00~21:00
日・祝日は除きます

ロール加工

ロール加工Roll processing

金属ロール加工

長年培われた実績と技術で
精密で高品質な加工を行います

通常の円筒、円錐などのロール加工より精度が重要となる特殊パイプ・円筒製缶など多岐にわたり金属ロール加工を行っております。

  • 高精度なロール加工を実現
  • ステンレス等でも材料に傷を付けることなく加工
加工対応サイズ
   長さ:最大約500mmまで  径:最大約300mmまで

受付時間7:00~21:00
日・祝日は除きます

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。